交通事故で植物状態

2018-03-01 未分類

事故交通事故で植物状態になるという事はドラマや映画の中だけでなく、日常においても十分に考えられます。靴間を運転していなくてもバイクや自転車、歩行者の方でも車にぶつけられる可能性がありますので免許を持っていないからといって安心できません。逆に車のように周りを覆われていない分、事故の衝撃を何にもさえぎることなく受けてしまいますので大けがに繋がりやすいと言えます。

植物状態というのは単に寝たきりになったというだけではありません。日本脳神経学会植物状態患者研究協議会が1972年に定義した内容によると、自力での移動ができない状態で、自力で食事がとれない事、また大小便が自分の意思でする事ができずに失禁状態である事、目で物の動きを追う事ができない場合、また、追う事ができてもそれが何であるかを認識できない事、目を開く、手を握るなど簡単な言葉に反応する事ができてもそれ以上の意思疎通が出来ない事、声を出す事ができても唸り声のような物だけで言葉を発する事ができない事、これら全ての条件を満たしているという事が植物状態になります。

植物状態というのは、自分で何もできません。その為、交通事故の示談交渉は本人ではなく後継人によって行われます。ある日、突然示談交渉の場に出なければいけなくなった場合でも最低限の知識を持っていなければその後の介護に影響が出てしまいます。そこでこちらのページでは、交通事故で植物状態になってしまった方の後継人として必要な知識をまとめてみましたのでご紹介します。